色んな風俗遊びをしたが、やっぱりデリヘルが一番!詳しくは体験談をご覧ください。

結局デリヘルが最高

深夜に貧乳と楽しんだあの日

深夜、デリヘルを楽しんできました。会社が終わって次の日も休み。なんとなく自宅に戻ったものの、すぐに寝てしまうのも勿体無いんじゃないかなと。たまには夜更かしをって思いつつ、スマートフォンで風俗のポータルサイトをチェック。夜更かししたいというよりも、その時点でデリヘル気分だったんでしょうね。その時間に営業しているデリヘルをリストアップしてRが良さそうだったので彼女を指名しました。とりあえず営業しているって点を最優先に考えたので女の子のプロフだとかはあまり見ていなかったんですね。顔をパっと見て問題なしだろうと。そして彼女と合流したんですが彼女、いわゆる貧乳でした。巨乳好きな自分としてはちょっと残念に思ったのも事実ではありますが、それでも彼女との時間を思う存分楽しませてもらいました。貧乳って敏感だってことも知れましたし。噂には聞いていましたけど、感度がかなり良かったです。もしかしたら貧乳マニアになるかもしれません。

デリヘルへの哲学

哲学というと大げさですけど、自分が風俗を利用する時はあくまでも自分が利用したい時にって考えています。だから前は結構難しかったんですよ。自分が利用したいって思っても店舗に行けば満員。空いていない時には利用出来なかったんですよね。そんな時は諦めていました。でも気分屋な自分の場合、結局予約して当日を迎えても気が変わっているんじゃないかなって危惧があるんですよね。それだと自分が利用したい時ではない時の利用になっちゃうじゃないですか。それでは意味がないんです。そんな自分の抱えていたジレンマに答を出してくれたのがデリヘルですね。デリヘルはすぐにでも利用出来るので、まさに利用したい時に利用するっていう自分のスタンスにぴったりなんですよ。だからデリヘルばかりですかね、最近は。自分の好きな時に利用出来るというだけでもありがたいんですけど、女の子だってかなりの粒揃い。だから今の自分の風俗ライフはかなり充実しています。

受身な自分とぴったり!

完全に受身ではないんですけど、風俗を楽しむ時には受身が多いんです。プライベートでは攻める方が好きなんですけど、風俗では受身な自分。そんな自分にぴったりなデリヘル嬢と楽しんできました。Jはかなりの美形。この手の顔立ちは大抵攻めるのが上手ですよね(笑)そんな予感が大的中。彼女相当なSだったんです。こちらを攻めながらニヤニヤしているんです。ここまでしてくれる女の子は自分にもぴったりですよね。それもあって彼女との時間は相当楽しいものになりました。自ずともっともっとって気持ちになっていたんですよね。そんな気持ちになっていたのは自分でもびっくりですが、結局はそれくらい彼女がとっても上手だからっていうのもあると思うんですよね。雰囲気だけではなく、実際に彼女は相当なテクニシャン。それもあってこちうらとしても最高の時間になりました。こうして最高のテクニックを味わえることこそ、自分にとって風俗の醍醐味かなと思います。


濡れやすい子は興奮しますね

濡れやすいJというデリヘル嬢と楽しんで来た時の話です。彼女は顔は綺麗系。顔立ちだけで判断するのであれば彼女は相当なSなんじゃないかなって雰囲気ですけど、実は彼女はM。このギャップも良かったのかもしれません。彼女、相当な美人だったんですけど、そんな彼女が感じている姿というのは男心をくすぐるものでした。しかも感じ方が自分好み。それだけで彼女を指名した甲斐があるなって思わせてくれました。更に彼女、相当濡れやすいんですよ。こちらの攻撃に比例するかのようにどんどん濡らしてくれるです。それで自分自身相当興奮しました。攻めているのはこちらなのに、こちらの方が興奮したんじゃないですかね(笑)それくらい彼女の感じている姿がセクシーだったってことですね。自分にとって最高の時間になったのは言うまでもありません。それに別れ際に彼女も「気持ちよかった」って言ってくれたので、その日の風俗は大成功と言って良いんじゃないかなと。

微乳でも問題なしですね

巨乳が好きな自分。だから風俗ではいつも巨乳を選んでいたんです。それは当然ですよね。微乳が悪いとかって話ではなくて単に自分の好みの問題ですけど、その日はフリーだったので微乳の子がやってきたんです。小さいというよりも、むしろ「無い」って言った方が良いレベルの女の子。風俗は自分好みの女の子と楽しみたいのにって残念に思ったものの、でもこういった機会でもない限り微乳の子と遊ぶ機会もないので良い機会だと思って彼女と楽しんだんですね。蓋を開けてみると、これが想像以上に良かったんです。微乳って揉んで楽しむことは出来ませんが、でも感度に関しては最高のものがあるんじゃないかなとさえ思いました。攻めるのが好きな自分にとっては、巨乳よりもむしろ微乳の女の子の方が相性が良いんじゃないかなとさえ思った程。おかげで結構な満足感となりました。たまにはこういった形で自分の想定外のデリヘル嬢と楽しむ風俗も悪くはないんじゃないかなと思い巻いた。

プライドの高そうな美女を攻める

かなりプライドの高そうなデリヘル嬢でした。お店のホームページを見た時からそれはひしひしと感じていました。気が強そうな美人デリヘル嬢。間違いなくSだろうなと。攻められようと思って彼女を指名してみたんですけど、蓋を開けてみたら彼女はどがつくほどのM。攻められるのが好きだと。それにプライドが高そうとかよく言われるっておどけてくれたように、彼女は物凄く愛嬌のある美人。これだけのギャップはさすがに今までの風俗でも初めてかもしれません。こちらとしても気の強そうな女の子ってことで警戒していた部分もあったんですけど、少し喋ったらそんな気持ちはすぐに吹っ飛んでしまいました。むしろ愛嬌のある彼女をとにかく攻めましたが、これが良かったんですよ。愛嬌があるとはいえ彼女は美人。美人を攻めるのって最高だなと。美人が自分の攻撃で顔を曇らせて身をよじっているんです。その姿を見ていただけでこちらは興奮してきちゃいましたよね。